中央公論新社が主催する「新書大賞」は、1年間に刊行されたすべての新書から、その年「最高の一冊」を選ぶ賞です。

 今回で第14回を数える同賞は、第1回に福岡伸一著 『生物と無生物のあいだ』、第2回は堤未果著『ルポ 貧困大国アメリカ』、第3回は内田樹著『日本辺境論』を大賞に選出し、出版界に大きな反響を呼びました。

 今回の「新書大賞2021」では、2019年12月~2020年11月に刊行された1300点以上の新書を対象に、有識者、書店員、各社新書編集部、新聞記者など新書に造詣の深い方々112人に投票していただいた結果、斎藤幸平著『人新世の「資本論」』(集英社新書)が 大賞に輝きました。

 20位までのランキングと、有識者59名の講評など詳細は、2021年2月10日発売の『中央公論』3月号に掲載されています。

NEWS

「新書大賞2021」受賞 斎藤幸平先生 記念講演会

新書に造詣が深い書店員、有識者、各社新書編集部、新聞記者によって選ばれる、「新書大賞2021」の大賞が、斎藤幸平著『人新世の「資本論」』(集英社新書)に決定しました。「新書大賞2021」の贈賞式と、斎藤幸平先生の記念講演をオンライン(Zoom)で行います。
共催:紀伊国屋書店
主催:中央公論新社

  • 【日時】
    2021年3月9日(火)19:00~20:00
  • 【会場】
    「Zoom」を使ったオンライン開催(運営は紀伊國屋書店新宿本店)となります。
  • 【参加方法】
    本イベントは紀伊国屋書店新宿本店運営の無料イベントです。
    下記の紀伊国屋書店HPサイトにアクセスし、Zoomウェビナー登録をしてください。
    詳細はこちら
    https://store.kinokuniya.co.jp/event/1613015266/
  • 【お問合せ】
    紀伊國屋書店新宿本店代表
    03-3354-0131
  • 【斎藤幸平先生への質問募集中】
    講演終了後、斎藤幸平さんに質問をお答えいただきます。
    下記メールアドレスに質問をお寄せください。
    sinshokoen2021@chuko.co.jp

人新世の「資本論」

斎藤幸平
(集英社新書)

撮影◎露木聡子
大阪市立大学経済学部准教授
斎藤幸平(さいとう こうへい)

1987年生まれ。ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程修了。博士(哲学)。「Karl Marx's Ecosocialism:Capital,Nature,and the Unfinished Critique of Political Economy」(邦訳『大洪水の前に』)で「ドイッチャー記念賞」を日本人初、歴代最年少で受賞。
編著に『未来への大分岐』など。

民主主義とは何か

宇野重規
(講談社現代新書)

椿井文書

馬部隆弘
(中公新書)

左から小木田順子さんと2020年の担当作『自分の頭で考える日本の論点』、草薙麻友子さんと担当作『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』、大岩央さんと担当作『世界史の針が巻き戻るとき』
辣腕の女性編集者が語る
新書の現在、そして未来

――新書で多数のヒット作を手がけてきた女性編集者3名に集まっていただきました。まずは、2020年の新書市場をどう振り返りますか?小木田 新刊の売れ行きが弱かったと感じます。2018年、19年に刊行されたものが何冊も売り上げランキング上位に入っていました。また、20年はコロナ禍によって刊行を延期したものも多かった。新書の主な売り場である都市部の書店の休業の影響が大きかったと思います。

有識者59名の講評など詳細は、
2021年2月10日発売の『中央公論』3月号で