「中央公論 2020年9月号」より電子版スタート!

中央公論 2019年11月号

2019年11月号(10月10日発売)

(本体価格864円)

中央公論 2019年11月号

【特集】政冷文熱のゆくえ 韓国という難問

「中央公論」の記事を購入
中央公論ダイジェスト
お得な定期購読はこちら

【特集】政冷文熱のゆくえ 韓国という難問

〔対談〕
「最も近くて遠い国」の論理と心理
木村幹×浅羽祐樹

〔対談〕
GSOMIA破棄の真の恐怖
偶発的武力衝突を想定せよ
手嶋龍一×佐藤優

「エコノミック・ステイトクラフト」論で斬る
輸出管理とGSOMIA問題の核心にある韓国の「自尊心」
鈴木一人

「部品の国産化」は可能? 不買運動で大打撃?
誤解だらけの韓国経済論
高安雄一

私が『反日種族主義』を書いた理由
李栄薫

韓国現代文学の旗手からのメッセージ
同じシーソーに乗って
ピョン・ヘヨン

〔鼎談〕
なぜいまK-文学、K-POP人気なのか
金承福×きむふな×クォン・ヨンソク

佐々江元外務次官に田原総一朗が迫る
日韓は一九六五年、九八年の取り決めに立ち返れ
佐々江賢一郎×聞き手・田原総一朗


【時評2019】

ようこそ権謀術数の世界へ
細谷雄一

マンション所有者に迫り来る現代版「共有地の悲劇」
小林慶一郎

即位礼正殿の儀を考える
原武史


永田町・霞が関の構造にメスを
若手官僚の悲鳴を受け止め、
令和の統治機構改革を断行せよ
松井孝治

米国現政権に仕えた戦略家が内幕を明かす
トランプ流の本質は
「エマージェント・ストラテジー」理論にあり
アレクサンダー・オールデン×[聞き手・翻訳]奥山真司

「抗議の街」香港から
──ストリートとサイバー空間での攻防
小林哲郎

行動経済学からの新たなアプローチ
今注目される「ナッジ」 その設計と使い方
大竹文雄


〔対談〕
21世紀の新・経済学②
仮想通貨「リブラ」に規制は必要か?
坂井豊貴×安昌浩

「抵抗勢力」「パヨク」批判が生まれる政治的・思想的背景
〈左派メディア〉は誰に、何を、どう伝えるべきか
倉橋耕平

〔往復書簡〕
社会保障の基本思想[後]
「社会の紐帯」を壊してはいけない
香取照幸×権丈善一

シリーズ「学力」新時代⑤
国は目先ではなく、10年先を考えよ
問題点だらけの全国学力テスト
川口俊明


【新連載】

大学とオリンピック①
文武両道 戦前の学歴エリートたち
小林哲夫

新・農業の未来を考える①
縮小再編からいかに脱するか
安藤光義


朽ちた「死の鉄道」を「平和と繁栄のルート」に
──泰緬鉄道のビルマ側を歩く
深沢淳一

息苦しい社会にもの申す
湯山玲子

追悼
書き手としての父 池内紀の死
池内恵


【谷崎賞】

令和元年 谷崎潤一郎賞発表
〔受賞作〕
村田喜代子『飛族』

〔選評〕
池澤夏樹/川上弘美/桐野夏生/筒井康隆/堀江敏幸

〔文学的近況〕
この世の事象が眼に沁みる
村田喜代子


《好評連載》

冒険の断章⑪
リスク10倍、犬橇の醍醐味
角幡唯介

地図のある人生㉞
電線はどこからどこへ?
今尾恵介

酒は人の上に人を造らず㊹
酩酊門を潜るなら
吉田類


《連載小説》

当確師 十二歳の革命【第13回】
真山 仁

雪澱【第3回】
黒川博行

凍てつく山嶺【最終回】
伊東潤


注目連載

●ニュースの一枚

●Stage
河合祥一郎

●Film
渡辺祥子

●炎上するまくら㉟
立川吉笑

●永田町政態学

●人事消息地獄耳

●Art
安村敏信

●フィギュアスケートの肖像⑧
宇都宮直子

●バルセロナの窓から㊸
大野ゆり子

●深層NEWSの核心

●音楽には物語がある⑪
小谷野 敦


グラビア

●日本の至宝㉓ 古今和歌集断簡
文・田沢裕賀

●歴史的建造物探訪⓳ 林芙美子記念館
撮影・薈田純一/文・仲宇佐ゆり

●わたしの仕事場 東 浩紀㉟
撮影・岡本隆史

●アート的産業遺産
撮影・文 黒沢永紀

●東京坂道散歩
撮影・鷹野晃

●闇に浮かぶ獣たち
撮影・山下晃伸


連載/コラム

●新刊この一冊
大塚ひかり

●著者に聞く
高崎卓馬

●ブッククリップ

●このマンガもすごい!
かとうちあき

●目からウロコの名作再読⑪
市川 力