新書大賞2021 大賞受賞・斎藤幸平先生 講演動画を公開中!

中央公論 2021年11月号

2021年11月号(10月8日発売)

定価950円(本体価格864円)

電子版

発売中

中央公論 2021年11月号

【特集】一人で老い、一人で死ぬ社会

オンライン書店で購入
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • 紀伊國屋
  • honto
  • TSUTAYA
「中央公論」の記事を購入
中央公論ダイジェスト
お得な定期購読はこちら

【 特集 】
一人で老い、一人で死ぬ社会

カギはプロの介護、世帯分離、人づきあい
気楽で悩みもなし おひとりさまの大往生   
▼上野千鶴子

「人生の意味」の短い歴史
一人を生きるときに頭をもたげる問い   
▼村山達也

独身の強みと他人と共にいること
僕が結婚しない理由   
▼ヒロシ

人生の終わりに向けて
終活は誰のためにするのか   
▼木村由香

弔いの現場から見えるもの
超高齢社会の「孤独死」と葬儀を問う   
▼佐藤信顕


【 特集 】
90年代文化という分水嶺

SNS前夜の日本社会が残した課題
「ネタ」として消費できること、できないこと   
▼TVOD

90年代、書店とは何であったか
アマゾン以前の景色として   
▼小林 浩

『クイック・ジャパン』創刊編集長が語る90年代と現在
個人の眼と情熱が支えた雑誌作り   
▼赤田祐一


時評2021

見えてきたバイデン外交の輪郭
▼鈴木一人

「45歳定年」論──求められる視点の転換
▼飯田泰之

ポリウレタン製マスクから社会の未来を考える
▼内田麻理香


世界の知性」に聞く④
コロナと貧困から 世界を救出するためにすべきこと   
▼ムハマド・ユヌス/聞き手:佐藤智恵

ロシア、朝鮮、市民運動......歴史と現実に向き合って見えたこと
「進歩的知識人」とリアリズム   
▼和田春樹/聞き手:辻田真佐憲

〔対談〕
ドストエフスキー 生誕200年
『カラマーゾフの兄弟』が映し出す 行き過ぎた新自由主義の果て  
▼池上 彰×佐藤 優

〔対談〕
米中 衝突する理念と力
軍事力と可能性から考える台湾有事   
▼阿南友亮×森 聡

実務家総理・菅義偉の レガシーと痛恨事   
▼中北浩爾

平民宰相とはなにか
原敬と菅義偉に求められたもの   
▼清水唯一朗

新型コロナ分科会会長が語る
菅政権がコロナに敗北した理由   
▼尾身 茂/聞き手:牧原 出


たばこ税をきっかけに考える
対立を煽らずお互いが共存できる社会に   
▼二宮清純

独りで死ぬまでに読むブックガイド   
▼浅羽通明

地球行商人
味の素 グリーンベレー【第10回】  
▼黒木 亮


令和3年 谷崎潤一郎賞発表

【受賞作】
金原ひとみ『アンソーシャル ディスタンス』


【選評】池澤夏樹/川上弘美/桐野夏生/筒井康隆/堀江敏幸


煙草の吸えた三月の居酒屋
▼金原ひとみ


好評連載

琉球切手クロニクル⑪
琉球舞踊の復興   
▼与那原 恵


冒険の断章㉘
コロナ禍でも北極に行く理由
▼角幡唯介


地図記号のひみつ⑱
森の記号は針葉、広葉、その他いろいろ   
▼今尾恵介



連載小説

任俠楽団【第9回】   
▼今野 敏


雪澱【第27回】   
▼黒川博行

馬上の星──小説 馬援伝 【第7回】   
▼宮城谷昌光

南洋のエレアル【第9回】   
▼中路啓太


グラビア

海神の楽園⑪
▼撮影・文:伊勢優史

美しい城下町を訪ねて㉓
兵庫県 丹波篠山市
▼撮影:米田 渉/文:牧口じゅん

人生の極意はソロキャンプにあり
▼ヒロシ

Memories 私の書斎
▼大宅壮一

美しき琉球切手⑪
▼文:与那原 恵


連載・コラム

ニュースの1枚

炎上するまくら59
▼立川吉笑

深層NEWSの核心

音楽には物語がある㉞
▼小谷野 敦


書苑周遊

新刊この一冊
▼阿部公彦

著者に聞く
▼坂巻哲也

このマンガもすごい!
▼杉田俊介

Book Clip


【特別企画】

建設現場で輝く女性たち!
大豊建設 地域を支える眼科医療 頼れるドクターたち①
▼いくの眼科

2021年11月号【編集長から】

 炭治郎は確かによくしゃべっていました。10月号に掲載した「2010年代ヒット漫画の饒舌と沈黙」で、著者の谷川嘉浩さんは大ヒット漫画『鬼滅の刃』を取り上げ、主人公が「感情や思考、体の状態を逐一報告している」と紹介しました。先頃、テレビで放送された同作品を見て、遅まきながら私もそれを確認した次第です。この「饒舌」について、谷川さんは「解釈に揺れが生じないように」するためだと解説しています。

 説明責任を果たしていないと批判され続けた菅義偉総理は、自民党総裁選に立候補せず、菅政権は発足からわずか1年で終わりを迎えました。昨年の政権発足当初は、秋田生まれの苦労人、平民宰相ともてはやされ、朴訥な語り口が一つの魅力にもなっていました。しかし、コロナ禍で国民が求めたのは、解釈に揺れが生じるような言葉ではありませんでした。菅氏も努力はしたのでしょう。テレビ画面からは、顔を上げてはっきりと話そうとする姿が見えました。それでも、大事なところでかんだり、口ごもったり。

 仕事をしっかりこなせば理解される。そういう立場もあるでしょうが、政治家にとっては饒舌な説明も仕事のうちです。少し寂しい気もしますが、「以心伝心」も「男は黙って」も、今のリーダー像には相応しくないようです。もうすぐ、饒舌さを競い合う衆院選が始まります。

編集長:吉山一輝