中央公論 2024年3月号

2024年3月号(2月9日発売)

特別定価990円(本体価格900円)

電子版

発売予定

中央公論 2024年3月号

【特集】大学と生成AI

オンライン書店で購入
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • 紀伊國屋
  • honto
「中央公論」の記事を購入
中央公論ダイジェスト
お得な定期購読はこちら

内閣総理大臣インタビュー

「聞く力」から「発信する力」へ
政権3年目、正念場で「結果示す」覚悟
――安倍元首相の「外交遺産」引き継ぐ
▼岸田文雄


【 特集 】
大学と生成AI

ChatGPTとどう向き合うか
全国42大学学長アンケート

 

アンケートから見えてきたリスクと期待
▼小林哲夫

 

〔ルポ〕
学生のホンネ、教員の困惑
――「バレたらどうなる?」「授業では取り上げない」
▼花岡正樹

 

〔対談〕
理系も文系も必須のツール
生成系AIは対話力を鍛えるバディ
▼坂村 健×松尾 豊

 

いま、外国語を学ぶということ
▼黒田龍之助

 

〔対談〕
精読と身体 AIには教えられない知
▼小川さやか×古田徹也


時評2024

ハーバード学長辞任劇が炙り出すアメリカの大学の危機
▼三牧聖子

大学共通テストの社会的役割
▼牧野邦昭

奥能登から日本を考える
▼辻田真佐憲


盲点だった日本海側の防災対策
能登半島地震から何を学ぶべきか
▼鎌田浩毅

 

学問と政治~新しい開国進取【第16回】
日本の国連外交の「敗戦」を振り返る
▼北岡伸一


人口減少という有事

4割の未婚女性が子どもを持たないと予想
正社員とパートの賃金格差解消こそ最重要課題
▼永瀬伸子

 

1990年代の不良債権問題との類似性
少子化・人口減の深刻さはなぜ共有されないか
▼白川方明


 新書大賞2024

新書通107人が厳選した
年間ベスト20

 

大賞『言語の本質』

 

大賞受賞者に聞く
▼今井むつみ/秋田喜美

 

2位『訂正する力』東 浩紀
3位『客観性の落とし穴』村上靖彦
ベスト20レビュー

 

〔わたしと新書〕
社会にもっと必要な遊びとは
陸上と読書の人生の先へ
▼為末 大

 読書芸人が魅力を語り尽くす
タイパとコスパで選ぶなら新書がいちばん!
▼ラランド・ニシダ

 

〔編集者鼎談〕
デジタル時代、活路はどこに
新旧レーベルの戦い方
▼川治豊成×一ノ瀬翔太×田中正敏

 

宇野重規、佐藤卓己、廣野由美子、横山広美......
目利き49人が選ぶ2023年私のオススメ新書


〔鼎談〕
目覚めよJAPAN 経済3団体トップ座談会
日本経済の現在地と2024年の課題
▼十倉雅和×小林 健×新浪剛史

 

〔対談〕
紫式部と平安時代
――その第三の人生を復元する
▼倉本一宏×澤田瞳子

 

追悼 篠山紀信
自己を隠蔽できる写真家
▼横尾忠則


好評連載

文品 藤沢周平への旅【第11回】
戦国上杉の政治戦──『密謀』
▼後藤正治

炎上するまくら【第87回】
時代にそぐわない!?
▼立川吉笑


連載小説

美土里俱楽部【第10回】
▼村田喜代子


グラビア

海神の楽園【最終回】
▼撮影・文:伊勢優史

Memories 私の書斎
▼堤 清二


連載・コラム

ニュースの1枚

深層NEWSの核心

音楽には物語がある【第63回】
▼小谷野 敦


書苑周遊

新刊この一冊
▼松村一志

著者に聞く
▼北村 滋

このマンガもすごい!
▼トミヤマユキコ

Book Clip

2024年3月号【編集長から】

★インド映画『きっと、うまくいく』は、過酷な受験戦争と競争社会を象徴するエリート工科大学で、自分らしさを貫く自由人ランチョーを親友2人が回想する物語。教科書通りの答えに疑問を呈し、学長に目を付けられても、口癖の「All is well」で自分を奮い立たせ、機転を利かせてピンチを次々と切り抜けていく。

ChatGPTなどの生成系AIが、日本の大学を揺るがしている。人間が書いたものと見分けがつかない自然な文章を作る一方で、息を吐くようにうそもつく。最新のテクノロジーを教育や研究にどう活用すべきか。今号に掲載した42大学アンケートの結果や専門家の論考で興味深いのは、出力結果を鵜呑みにしてレポートや論文を作成しないよう学生に求めるよりも、AIに何をどう聞くかという「設問力」を鍛えることが重要だという指摘である。AIは質問の仕方によって答えを変える。型破りの質問をぶつけてくるランチョーを目の敵にしていた学長がやがて心を動かされ、退学処分を撤回して首席での卒業を祝福したように、自分の頭で考える学生を育てる側の眼力が問われるのだろう。

★こちらの設問力が足りなかったのか。岸田文雄首相をインタビューしたが、政治とカネの問題で納得のいく回答は引き出せなかった。派閥解消という切り札できっと、うまくいくとは限らない。

編集長:五十嵐 文