中央公論 2024年4月号

2024年4月号(3月8日発売)

特別定価990円(本体価格900円)

電子版

発売中

中央公論 2024年4月号

【特集】荒れる言論空間、消えゆく論壇

オンライン書店で購入
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • 紀伊國屋
  • honto
「中央公論」の記事を購入
中央公論ダイジェスト
お得な定期購読はこちら

【 特集 】
荒れる言論空間、消えゆく論壇

〔鼎談〕
SNSという戦場から
ウクライナ戦争が変えた日本の言論地図
▼細谷雄一×東野篤子×小泉 悠

 

論破のリズム、スキルの時間
──暗い欲望と数値が支配する現代について
▼村上靖彦

 

テレビ討論番組が輝いた時代
殴るか、殴られるかの本気の論争だから分かり合えた
▼田原総一朗

 

新世代ネット言論の仕掛け人が語る
議論への"参加資格"をもっと多くの人に
▼郭 晃彰

 

権威なき時代のSNS
論争の作法は失われたのか
▼先崎彰容

 

〔鼎談〕
『世界』『正論』『中央公論』編集長が語る
多様な意見が共存三誌三様であっていい
▼堀 由貴子×田北真樹子×五十嵐 文


時評2024

上川外相に期待する「フェミニスト外交」
▼三牧聖子

戦前から行われてきた外国人観光客の誘致
▼牧野邦昭

朝鮮人追悼碑撤去と「記憶の争奪戦」
▼辻田真佐憲


文化外交を推進し、日本への共感を広げたい
▼上川陽子

 

女性議員初の派閥領袖経験者が語る
男性の実力者が選ぶより女性同士が競い合う時代に
▼山東昭子

 

〔対談〕
政治改革の時代と大義名分なき現在
──「ネオ55年体制」と与野党の立ち位置をめぐって
▼山口二郎×境家史郎

 

日大アメフト部前監督インタビュー
真面目にやってきた学生たちの目標を奪いたくない
▼中村敏英 聞き手 森 功


【 特集Ⅱ】
人口減少は日本だけではない

移民大国化に舵を切った韓国
▼春木育美

 

子どもに優しくない社会からの脱却
2000年代ドイツの出生率回復と家族政策
▼魚住明代

 

欧州の出生動向に生じた大変動
▼金子隆一


学問と政治~新しい開国進取【第17回】
国連大使として2年半 充実と不完全燃焼
▼北岡伸一

 

外交文書の余白を読む
天皇訪中実現に暗躍した田中清玄
▼徳本栄一郎

 

〔対談〕
香港でもアメリカでも安住できなかった革命家
ブルース・リー人気が日本で衰えないわけ
▼ちゃうシンイチー×中島 恵

 

不寛容の時代の「問題作」
『オッペンハイマー』が映すアメリカ、そして日本
▼村田晃嗣

 

消えゆく「戦中派」の記録と記憶
生誕100年、岡本喜八の痕跡を辿って
▼前田啓介

 

小伝 小澤征爾
天国で聴くバッハ
▼中丸美繪

 

多様性のあるまちづくりとは
▼遠藤 新


新連載

皇室のお宝拝見【第1回】
伝狩野永徳《源氏物語図屛風》
▼本郷和人


好評連載

炎上するまくら【第88回】
美談の裏側
▼立川吉笑

文品 藤沢周平への旅【第12回】
短篇の成熟──「驟り雨」ほか
▼後藤正治


新連載小説

地上の楽園 【第1回】
▼月村了衛


連載小説

美土里俱楽部【第11回】
▼村田喜代子


グラビア

【新連載】
皇室のお宝拝見【第1回】
▼本郷和人

Memories 私の書斎
▼水上 勉


連載・コラム

ニュースの1枚

深層NEWSの核心

音楽には物語がある【第64回】
▼小谷野 敦


書苑周遊

新刊この一冊
▼畑中三応子

著者に聞く
▼ロバート キャンベル

このマンガもすごい!
▼三木那由他

Book Clip

2024年4月号【編集長から】

★編集者は著者を支え、雑誌や書籍の刊行に向けて進行を管理する裏方である。黒子に徹するのが美徳だと思ってきたが、一体の人形を三人がかりで操る文楽では、頭と右手を操作する「主遣(おもづか)い」が頭巾や黒装束を着けずに顔を出して舞台に登場する「出遣い」が一般的になったと、伝統芸能に詳しい友人から聞いた。「論壇誌」と呼ばれる総合雑誌の歴史は長く、言論空間における伝統芸能に近い存在かもしれない。SNSの普及で個人による発信が当たり前となる中で、本来は陰の存在である編集者も時には「出遣い」で変化を体現し、舞台を盛り立てていく必要があるのではないか。そんな思いを『世界』『正論』の両編集長に伝え、今号の編集長鼎談が実現した。雑誌の論調は三誌三様だが、いろいろな意見を包摂できる媒体だからこそ、一誌だけ生き残るよりたくさんの雑誌を書店に残したい。その認識と、編集長ならではのプレッシャーとやりがいを二人と共有することができて、とても幸せで有意義な2時間半だった。

★今号は女性比率が高い。ポスト岸田に急浮上した上川陽子外相が寄稿し、山東昭子氏は「次の総理は女性に」とインタビューで語った。「これからの時代、女性同士の......」で間を置いた山東氏に「連帯?」と聞きかけたら「戦いを期待します」。そうなれば政治もようやく変わる。

編集長:五十嵐 文