新書大賞2021 大賞受賞・斎藤幸平先生 講演動画を公開中!

日本共産党が描く野党共闘と社会主義の時代 志位和夫

志位和夫(日本共産党委員長)
志位和夫氏
 年内に行われる衆議院議員選挙に向けて、野党共闘の働きかけを積極的に進める日本共産党。新型コロナウイルス感染症の拡大や環境問題を背景に、資本主義の限界を指摘する声も上がる中、共産党はどんな日本の未来図を描いているのか。志位和夫委員長に話を聞いた。(『中央公論』2021年7月号より抜粋)

─共産党がめざす社会主義・共産主義とは。

 ざっくり三点ほど言いたい。

 一つは、資本主義の矛盾を乗り越えた社会ということです。今、世界で大問題になっている貧富の格差の拡大、地球規模の環境破壊、あらゆる矛盾の根源に「利潤第一主義」がある。生産手段を社会全体のものにすれば、生産の動機が、「資本の利潤を増やす」ことから「社会全体の利益」に変わってくる。これが社会主義的変革の中心です。

 二つ目は、その社会の最大の特徴は一言で言うとどうなるか。エンゲルスが最晩年に、社会主義社会の基本理念を簡潔に表現する標語を問われて、「各人の自由な発展が万人の自由な発展の条件であるような一つの結合社会」という『共産党宣言』の一節を挙げました。全ての人間がそれぞれの能力を自由に全面的に発展させることができる社会。これが私たちの理想なのです。

 そういう社会を作るカギは何か。マルクスが出した結論は労働時間の抜本的短縮です。それによって自由な時間がうんとできれば、人間は自分の能力を自由に全面的に発展させるために使うようになるだろう。社会主義に進めば、人間による人間の搾取がなくなり、「大量生産・大量消費・大量廃棄」など資本主義につきものの浪費がなくなることによって、今の生産力の水準であっても社会全体が遥かに豊かになり、労働時間を抜本的に短くすることができる。これがマルクスの展望でした。

 最後の三点目は、綱領にも明記したのですが、私たちのめざす社会主義・共産主義は、資本主義のもとで獲得した価値あるものを全て引き継いで発展させる。後退させるものは何一つないということです。例えば労働時間短縮など暮らしを守るルールは、全部引き継いで発展させる。日本国憲法のもとでの自由と民主主義の諸制度も、全て豊かに発展的に引き継いでいく。せっかく社会主義になっても資本主義より窮屈でさみしい社会になったら意味がないわけです。日本は発達した資本主義のもとですでに多くの達成を手にしています。それを出発点にして先に進むわけですから、ロシアとか中国とは全く違う計り知れない可能性がある。

 マルクスもエンゲルスも社会主義革命はヨーロッパの先進国から始まると考えていました。実際の歴史はロシアや中国など遅れた国から革命が始まり、それが前に進むうえでの大きな困難の一つになりました。そういう世界史的経験を踏まえて、私たちは綱領の中に、「発達した資本主義国での社会変革は、社会主義・共産主義への大道」だと書き込みました。これは世界のどこでも実現しておらず、その道に進み出した国もない。だから日本で進むなら人類初の挑戦になるのです。

1  2  3