新書大賞2021 大賞受賞・斎藤幸平先生 講演動画を公開中!

中公新書ラクレ 6月上旬 新刊情報 『膨張GAFAとの闘い』『どの子も違う』

6月上旬の新刊が9日に発売されました。今月は2冊です。

――――――――

膨張GAFAの闘い デジタル敗戦 霞が関は何をしたのか
著:若江雅子

GAFAにデータと富が集中している。日本がそれを易々と許した一因に、にわかに信じがたい法制度の不備がある。国内企業に及ぶ規制が海外勢には及ばない「一国二制度」や、EUに比べて遥かに弱い競争法やプライバシー規制、イノベーションを阻害する時代遅れの業法......。霞が関周辺にはそれらに気づき、抗おうとした人々がいた。本書はその闘いの記録であり、また日本を一方的なデジタル敗戦に終わらせないための処方箋でもある。

――――――――

どの子も違う 才能を伸ばす子育て 潰す子育て
著:中邑賢龍

個性が強い子どもたち。突出した才能に恵まれても、そのうちのいくらかは問題児扱いされて居場所を失い、結果として不登校などになりがちだ。そんな彼らに自由な発想と学びの場を提供する東大先端研「異才発掘プロジェクトROCKET」でディレクターを務めるのが、心理学や特別支援教育、支援技術を専門とする中邑教授である。教科書も時間割もないクラスで学ぶものとは? 「成績が良ければ優秀」な時代は過ぎた? 学校や親が気づかない間に築いた"壁"を乗り越える方法とは? 「すべては見守ることから始まる」という主張や最先端の研究の場で得られた知見を一冊に集約し、子どもの才能を伸ばす子育て法を伝授。今こそ、仲間外れの先に広がる可能性に向き合え!

――――――――

以上となります。書店さん店頭にてぜひお手に取ってご覧ください。