新書大賞2021 大賞受賞・斎藤幸平先生 講演動画を公開中!

妻に「わたし、主婦業やめたい」と言われた夫の気持ち

唐仁原裕樹
2020年春に実施されたコロナ禍での一斉休校を覚えていますか?
3人の子供たちとともに自宅待機を余儀なくされたワーキングマザーの唐仁原けいこさんも、その一人。悩んだ結果、主婦業を減らすことを決意し、様々な施策を練って環境改善に取り組んだ様子をまとめた書籍『主婦業9割削減宣言』を上梓しました。
今回は、著者の夫である裕樹さんに、妻の奮闘ぶりを身近に見ながらどんな風に感じていたのか、聞きました。
主婦業の未来は、妻だけの問題ではないのかも、しれません。

妻の負担に気づかなかった愚かな夫

「主婦業9割削減を目指します!」

2020年6月。妻が自身のブログにて宣言をした。

我が家は夫婦で結婚相談所などの事業を営みながら、私は会社員として勤めに出ていた。

当時、7、4、1歳と幼いこども達は新型コロナウィルスの影響による休校措置で小学校、幼稚園、保育園が長期間休みとなり全員が家にいた。

妻が担う家事育児の負担は増大。仕事もままならず、多大なストレスを抱え怒りたくないのに子供に怒ってしまう日々が続いた。「みんながうまくやっていることなのに、どうして自分はできないんだろう」と、一人で夜中に枕を濡らしていたという。

しかし私は、妻がそこまで追い詰められていたことに気づかなかった。

我が家は家事分担などは特に決めずに過ごしてきた。だが、共働きであるにもかかわらず家事負担の比重はいつの間にか妻の方が圧倒的に多くなっていた。仕事が大好きな妻は、思うように業務を進めることもできず、自分の母や身近な人たちからは「仕事を辞めたら?」と言われていた。だが共通の知人であるコンサルタントの方に相談をしたら思いも寄らない答えが返ってきたのだ。

「仕事が大好きで、実績もある奥さんが苦手な家事をやるのは一家にとって損失。家庭を会社だと考えたら完全に人事を間違っているよ。」

私はその言葉を聞いてハッとした。「家事は女性がするものだ」と、無意識のうちに考え値たようで妻に負担を押し付けていたのだ。働きながら家事育児をすることがどれだけ大変かをわかっているからこそ自らは避けていた節もある。単に妻に甘えていた自分に気が付いた。

そこで夫婦で話合い、妻が今まで担ってきた主婦業を削減していくことにしたのだ。

実際削減してみてどうか

まずは便利家電の導入から始めた。結婚当初から使っていた洗濯機がちょうど買い替えのタイミングでもあったので、以前から気になっていた乾燥機付きドラム式洗濯機を購入することにした。家電量販店の店員さんに事情を説明し、家事の手間を減らせる商品が無いかを聞くと、「洗剤自動投入機能付き」のものをお勧めされたが、自分で洗剤を投入するタイプのものと比べると数万円高かった。そこで妻は、「洗剤くらい自分で入れるから安い方でいいよ」とついつい口走ったのだが、私はすかさず「9割削減するならそういう所をケチっちゃダメでしょ。目的は削減だよ。」と伝えた。

主婦業を今まで一生懸命にやってきたからこそ、「お金の節約」が身に染みているんだということがわかった。そしてこのような小さな積み重ねによって主婦業は増大しているのかもしれないと気がついた。

その他にロボット掃除機導入により掃除時間の削減。水道直結式ウォーターサーバーの導入により、麦茶を作る手間と時間の削減などを行った。

これだけでも主婦業が3割近く減ったと妻は言っているくらい楽になったようだが、「宣言」をしたことが重要なのではないかと考えている。

旦那が知らない妻の頭の中の忙しさ

「宣言」をする前まで、妻は常にイライラしていた。妻が不機嫌だと、「なんでいつも怒っているの?」と私も不機嫌になる。

私は妻が悩んでいることに気がつきもしなかったのだが、今回の「宣言」をきっかけにお互いの価値観を知るために話し合いを行った。そこでわかったことは、妻は「家族のことを思いやる時間が自分とは比べ物にならないくらい多く、頭の中が忙しい」ということだった。

例えば「ご飯の献立を考える時間」、「買い物や家事の段取りを考える時間」、「子供たちの行事や習い事の調整」など。そのようなことがあることはわかっていたつもりだったが、自分ごととして考えておらず妻にばかり負担をかけていた。それらを考えながら仕事もしていたのかと思うと頭が下がる思いだった。

私は育児をしているつもりだったが、ただ一緒に遊んでいるだけだった。子供と遊ぶだけだったら、頭の中が忙しい状態になることはほとんどなく、子供と遊ぶことは好きなので負担に感じることはない。さらには公園遊びで汚れた服は妻が洗う。好きなだけ遊んで家に帰って、お腹が空いたと帰宅すれば妻が作っていてくれる。妻がやっていることが当たり前だと思い疑いもしなかった。

妻が抱えている家庭内の業務量は私と比べるとあまりにも多い。私は甘えているので知らないふり。いわゆる「名もなき家事」を負担している妻からしたら私に対してイライラする気持ちが溢れるのは当然のことだったのだ。

さらに、妻は「宣言」をしたことで、今まで「やって当たり前」「やるべきだ」と勝手に決め込んでいたことから解放され気持ちが楽になったようだ。

「宣言」をし、家電を導入しただけでも妻のイライラが目に見えて減った。子供たちと過ごせる時間と精神的な余裕も増え、家族に笑顔が増えた。私はそれを見て、単純にその方がみんなにとっていいし、何よりも自分が嬉しいなと感じた。そこでようやく、自分も積極的に妻の家事負担を減らそうと決め、家事をやるようになった。

思った以上に効果があり、以前は起きてきた瞬間から不機嫌だった妻が、今では笑顔で1日をはじめてくれている。

令和時代、既婚女性も活躍するために

「主婦業9割削減」は、私たちの予想を遥かに超えてたくさんの反響をいただいた。

これは自分たちの家庭の話だけではなく、社会の課題なのではないかとさえ感じる。

共働き世帯が増え、社会も女性の活躍を求めている。それにも関わらず、我が家がそうであったように旧態依然の家族や夫婦のあり方や慣習がそのまま残っているようにも感じる。

知人女性から言われた印象的な言葉がある。

「私は結婚の際に、永遠の愛は誓ったけれど、家事をやるとは誓っていない。」

まさにその通りである。我が家も夫婦生活の中で成り行きで、主な家事は妻が担っていた。共働きであるにも関わらずだ。私自身子供の頃、両親は共働きだったが、父が家事をしている姿はほとんど見たことがなかった。その影響は大きいのかもしれない。だが、だからといって私が家事をやらなくてもいい理由には全くなっていないのだ。

私は妻が宣言をした「主婦業9割削減」のお陰で女性が家事の大半を負担することは全く当たり前ではないと言うことに気がついた。妻然り、優秀にも関わらず家庭の中に埋もれてしまっている女性はたくさんいるのではないだろうか。女性活躍推進が叫ばれて久しいが、本当の意味での実現のためには家庭内においての「主婦業削減」の考え方が有効なのかもしれない。

主婦業9割削減宣言

唐仁原けいこ

あなたが今当たり前に「やらなきゃいけない」と思い込んでいる主婦業は、本当に自分の手でやらなくてはいけないことなのでしょうか?
「自分がやらないと家庭が回らない」
「母だから仕方ない」
「妻だから仕方ない」
「3人も子供がいるから仕方ない」
本書は、本心ではやりたくないことがほとんどであっても、みんなが当たり前にやってるんだから私もやらなくちゃと勝手に思い込んでいたワーキングマザーの著者が、「主婦業9割削減を目指す」という壮大な目標を立てて臨んだクリエイティブな挑戦の記録です。

そこには“過去の常識"とか“当たり前"とか“世間体"を外してみた時にしか見えない新しい世界がありました。
もし、あなたが主婦業を「やりたい」と思ってやっているわけではなく、「仕方なく」やっているのだとしたら、この本を読むことで、人生に大きな変化を生むことができるかもしれません。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • 紀伊國屋
  • honto
唐仁原裕樹
『主婦業9割削減宣言』著者・唐仁原けいこの夫。
【唐仁原けいこ略歴】1980年大阪生まれ。3児の母であり、ワーキングマザー。
複数のキャリアを同時進行するパラレルワーカーとして、夫婦で運営する結婚相談所「ユカリ・ハート」、セミナー運営、パラレルキャリア相談など活動は多岐に渡る。2020年コロナ禍における全国一斉休校をきっかけに、育児、仕事、家事でキャパオーバーな自分を実感し「主婦業9割削減を目指します」と宣言して、ブログを開設したことで、メディア掲載多数。“やらなければならない"という思い込みからの解放で、アイデアと工夫を発信しており、子育て世代の女性から共感を得ている。