新書大賞2022大賞・小島庸平先生 講演動画を公開中!

鈴木由美 「鎌倉殿の13人」ロスの方々に捧ぐ、北条氏をめぐるブックガイド

鈴木由美(中世史研究者)
北条氏の慰霊のために建てられた鎌倉の宝戒寺(筆者撮影)
 三谷幸喜の脚本や個性豊かな俳優たちの熱演が話題を呼んだ大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が、昨年末に終了した。放送終了が残念な方や、鎌倉幕府や北条氏についてもっと知りたい方に向けて、『中先代の乱』の著者、鈴木由美氏がおすすめの著書を徹底ガイド。冬の読書の参考にぜひ!
(『中央公論』2023年2月号より)

 2022年のNHK大河ドラマは三谷幸喜脚本の「鎌倉殿の13人」、主人公は鎌倉幕府の第2代執権(将軍の後見役)を務めた北条義時であった。

 本作では、義時(小栗旬)はもちろんのこと、強大ゆえに源頼朝の命で殺害された上総広常〔かずさひろつね〕(佐藤浩市)、悪人のイメージが強かった梶原景時(中村獅童)、単純で人が好い和田義盛(横田栄司)など、俳優たちの名演が際立っていた。戦国大名や幕末志士と比べると知名度の低い「御家人」たちにスポットライトをあてた意義は大きいといえる。

 大河ドラマで鎌倉幕府や北条氏が取り上げられるのは、2001年の「北条時宗」や2005年の「義経」の後しばらくなかったこと、そして人気脚本家による作品という話題性もあってか、関連書籍も多数出版された。これらの関連書籍の内容は、当然だが主人公の義時はじめ「鎌倉殿の13人」で取り上げられた時代・人物に関するものがほとんどを占めたように思う。

 しかし「鎌倉殿の13人」が描いた時代の後、つまり義時が没した後に、ドラマにも登場した北条時房(義時の弟)や泰時(義時の長男、第3代執権)、朝時〔ともとき〕(義時の次男)など、個性的な面々の揃っていた北条一族がどうなったのか、気になる方もいるのではないだろうか。本稿では、義時没後の北条氏、そして義時たちが築いた鎌倉幕府の〝その後〟を知るための書籍を紹介してみたい。

 なお、今回紹介する書籍は、現在も新刊で入手可能な図書のうちから、一般向けのものを中心に選んだ。著者の敬称と書籍の副題は省略したことをお断りしておく。

1  2  3  4  5