新書大賞2022大賞・小島庸平先生 講演動画を公開中!

東京人の変化にいち早く対応した成功例・中野を核とする中野区。競争力を失いつつある<かつてのブランド住宅街>を抱える杉並区の「輝く街・くすむ街」

牧野知弘の23区「街間格差」第6回
牧野知弘

活気ある高円寺、屈指の住みやすさを誇る西荻窪

高円寺駅の北口を出ると商店街が続きます。

ねじめ正一さんの小説の舞台となった純情商店街には昔からの飲食店や雑貨屋が並び、昭和レトロの雰囲気が漂います。また駅周辺には神社や寺があり、毎年8月下旬には駅前通りで東京高円寺阿波おどりが開催されます。

そうした駅前の喧騒とは異なり、この地域は大通りから外れれば閑静な住宅街が広がっています。築年数の古い物件が目立つものの、若者向けのアパートも多く家賃も割安です。

同じ中央線沿線でのおすすめは西荻窪でしょうか。

西荻窪は駅前ターミナルがありません。大型の商業施設もないのですが、駅前からみっちりと商店が軒を連ねていて生活に必要なあれこれはそこですべて賄えます。

西荻南口 仲通街.jpg西荻南口 仲通街(写真提供:Photo AC)

お洒落感はあまりないかもしれませんが、質の高い飲食店や居酒屋も多いことから、遠くから足を運ぶ人も多く見られます。駅の南北には閑静な住宅街が広がり、都心にアクセスの良いこのエリアは東京西部でも屈指の住みやすさを誇ります。

1  2  3  4  5  6