新書大賞2022大賞・小島庸平先生 講演動画を公開中!

菅 義偉 安倍さんは私にとってあこがれだった

菅 義偉(前首相)
菅 義偉氏(写真提供◉読売新聞社)
 安倍元首相銃撃事件の当日、菅義偉前首相は何を感じ、どのような行動を取っていたのか。また、安倍氏が総裁に返り咲くまでの関わりや思い出を語っていただいた。
(『中央公論』2022年9月号より抜粋)

 安倍さんが、撃たれたらしい──。7月8日、事件の第一報を受けたのは、羽田空港に向かう車の中でした。発生からそれほど時間が経たないうちに聞きました。

 途中で車を止めて、情報を集めました。そうこうしているうちに、党本部では参院選の遊説はやめようという雰囲気が出てきました。私が行く予定だった沖縄での遊説も中止が決まったので、それだったら安倍さんのいる奈良に行こうと決めました。

 早い段階では、安倍さんが撃たれたのは胸だと聞いていました。私が「右か、左か」と聞いたら、「左だ」と言うので、万が一のことを考えました。それが本当だったら大変なことになる、できるだけ早く行って、そばにいてあげたい、そばに行って同じ空気を吸いたい、と。

 安倍さんはにぎやかなところが好きだったんですよね。寂しがり屋でした。たぶん病院には人があんまりいないだろうから、という思いでした。

 新幹線に乗って、京都駅に着いたのが午後4時ぐらいでした。京都から奈良に車で向かったら、すごい渋滞で、時間がかかった。

 新幹線や車に乗っている間、いろいろな人からどんどんメールが来たが、悲観的な内容のものが多くなってきて。「ああ、早く着いてくれないかな」と考えていました。

 信頼できる人から「亡くなった」というメールが来ましたけど、信じたくはなかった。とにかく直接会って、自分で確かめたい。そんな思いでしたね。

 奈良に着いたのは、6時過ぎでした。安倍さんは検死中でした。昭恵夫人にごあいさつし、対面できるのを待ちました。会うことができたのは、8時過ぎだったんじゃないかな。

 対面した時には、「ありがとうございました。お世話になりました」と、そんな趣旨の言葉を言ったと思います。そばには昭恵夫人と、何人かの議員がいました。

 こんな事件が起きるなんて、あり得ない。日本にとって大きな損失だと思います。悔しくて、悔しくて、しょうがなかった。いろいろなことが重なったのでしょうが、防げない話ではなかったでしょう。

1  2  3