新書大賞2022大賞・小島庸平先生 講演動画を公開中!

完成した街並みに続出する相続問題を前に「脱・高級住宅地」が求められる世田谷区。人気の東横線沿線でも活況が失われつつある街がちらほらな目黒区の「輝く街・くすむ街」

牧野知弘の23区「街間格差」第5回
牧野知弘

交通の便が悪い多摩川沿い、古い住宅が目立つ世田谷線沿線

また同じ区内でも多摩川沿いの岡本や大蔵、鎌田あたりは落ち着いた住環境ではあるものの、交通の便ではポイントが低くなります。東名高速道路の用賀入口は近いので、車でしか移動しない富裕層には良いかもしれませんが、電車を移動の要とするような一般人にはやや辛そうです。

渋い人気を持つ東急世田谷線の沿線も、これから先の東京では価値を維持しにくいと思われます。

東急世田谷線(写真提供).jpg東急世田谷線沿線の景色(写真提供:Photo AC)

世田谷線は三軒茶屋から下高井戸を繋いでいますが、そのどちらもターミナル駅とは言えず発展性があまり期待できず、いずれの駅もその周辺は古い住宅が目立ちます。

きちんとケアをしなければ、相続が発生するとともに徐々に「街」の劣化が始まるのではないかと危惧されます。

1  2  3  4  5  6  7