新書大賞2022大賞・小島庸平先生 講演動画を公開中!

人口急増で街間格差が広がる中央区、開かれた街と閉ざされた街が混在する港区の「輝く街・くすむ街」

牧野知弘の23区「街間格差」第2回
牧野知弘

脱皮が待たれる問屋街・堀留町

また人形町は江戸下町の文化が色濃く残った「街」です。昔ながらの飲食店や物販店が軒を連ねていて都心へのアクセスもよく、歴史と文化を感じながら生活できるエリアです。

22653839_s.jpg人形通りのからくり時計台(写真提供:PhotoAC)

しかし堀留町は同じエリアながら問屋街からの脱皮に苦しんでいる印象があります。

都内に古くからある問屋は徐々に店をたたみ始め、街にはオフィスビルと最近ではコンパクトマンションも建ち始めています。ところが堀留町については、今も目立った開発が無いうえ、商業店舗が少ないままで、街を歩いても活気が感じられません。

すでに都内各所で問屋街からの脱皮が模索されている昨今、「街」の特徴をどこに出すのか、新しいステージへの脱皮が待たれます。

1  2  3  4  5  6